So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ポップコーン [映画]





映画は好きである。あの巨大なスクリーンに素敵な女優がアップされるとき、わがままにも自分だけに微笑んでいると、思い込んでいる。大音量のハスキーボイスは、ハートを打ちぬいてくれる。映画館ではその臨場感から主役で居ることができる。なりきってしまうことができる。2時間のトリップではあるが、五感に響く本物の映像映画は感動する。映像美が最も直接的に観客に届く手法がいい。CGよりアニメである。アニメより実物のロケである。またフィルム映画なのかもしれない。できることなら現場で見たいものである。贅沢とは金の掛かるもの、適当なところで妥協するもよしである。映画の友。ラージサイズのポップコーンに、ダイエットペプシ。バターフレーバーをたっぷりかけていざいざである。映画館でいい映画をおたのしみあれ。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

オーシャンズ13 [映画]



オーシャンズ13を拝見させていただきました。劇場はワーナーマイカルシネマズ。連作は大体愚作に陥るもの。それを隠すものといえば、キャストのよさであろう。勝新の座頭市に少し近い。いい感性の持ち主であることに変わりは無い。俳優を拝みにいくようなものであるが、それでも行くね。ストーリはとってつけたようなもの。聞いて知ったら興味半減いわないよ。気が付いたいくつかの点。日本語がやたら出てくる。この監督日本市場を、狙っているそんな感じ。というより日本文化に傾倒していると理解しよう。煎茶、ほうじ茶、すもう、てんぷら。相撲は土俵上の横綱がでる。後は気が付かなかったが、まだまだあったのだろう。そう英仏海峡のトンネルを掘った掘削機が、カジノの地下に登場する、これも日本製だったかな。ゴッドファーザーのアルパチーノが好演。やはりラスベガスはドンコルレオーネの世界なのだろう。それでも全体を通して、明るく、粋な、軽いタッチがいい好きだ。プロが簡単そうに見せる、大技いいよね。マフィアがオーシャンにだまされてボーイスカウトに寄付。テロップに流れるその額なんと72ビリオン。ミリオンじゃなかったと思うのだが、少し引きつったような顔で、寄付のインタビューが続く。ここが一番粋だね。勉強になったショット。それは媚薬トロイの効き目。エレンバーキンの好演もあるが、そんなすごいものがあるんだね。ワインとおしゃべりでは、太刀打ちできません。ぜひお試しあれ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ある遭難 [映画]



松本清張原作のこの映画をテレビで見た。原作の映画は今でもこれからも好きであろう。モノトーンの淡々とした人の描写が、好きな景色が描写されていく。わたしが、丹沢を除けば初めての単独行であった後立山連峰縦走。新宿発23時55分。駅構内に長い行列のできる登山列車。みんな同じ仲間である。新宿発23時55分。これほど愛すべき列車は無い。松本、信濃大町、扇沢、爺ケ岳、遠く白馬岳。ドタ靴に大型のキスリング。執行部の認めない山行。わが部の新人養成を乗り越えれば、できな山行はないと自負する。登山がわが青春であった時代である。精神力に絶対の自信があった。白馬山まで全山テントを張った。学生時代は山小屋に払う金は無かった。夏冬の長期登山にはアルバイトをした。先輩の持ってきた、バイト、思い出す麻袋の穀物袋を外国船からのおろす荷役作業。これほど過酷な労働は無かろうと思う。山を登っているとくるしい。ドタ靴の一歩、一歩、が前進である。肉体と精神限界では、不安も恐怖も感じられない。40分と10分のインターバルを繰り返す。標高差をうれしく感じながら登る。映画に出てくる鹿島槍。当時もガスが濃く、広い頂上ではルートを見失う。布引山から鹿島槍。私も槍から五竜岳へのルートを見失った。牛首山へのルートに入っていた。5万分の一のマップを見てもわからない、何も見えないからだ。遭難しなかった理由は牛首は槍の西方向。キレット、五竜岳は北東方向。歩いてる方向はコンパスが西を指していた。わかるところまで戻り、ガスの中を北に歩いた。今あるのは、コンパスのおかげである。五竜で誕生日を迎えた。山を舞台に、山男が、つらい憎しみを、履行する小説に、映画に、嫌悪を覚えるものの、そのタッチは山を、登山家を否定していないように私には思える。原作者の深層心理に感謝する。



共通テーマ:旅行