So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

井手の蛙 [文化]

2008_0406jizouzenin0087z.JPG


井手の蛙(かわず)、都人の、歌人の心をはなさない。ここまで多くの歌人に詠まれる蛙も無かろう。「春にきく 井手の山吹 見つれども 蛙の声は 変らざりけり」 紀貫之 とある。桜のこの季節まだ山吹も蛙の鳴き声もすこし早いようだ。出来ることなら1000年の昔に戻り、この歌の風情に浸りたいものである。京都南禅寺 塔頭 南禅院の池にはここ井手の蛙が放たれている。亀山法皇遺愛の庭は回遊式庭園、心字池を持つ、この池に井手の蛙が、立田の楓がみごとな風情をあらわしている。地蔵禅院からここまで20分ぐらいか、ここから駅まですぐそこである。暖かくなりこの山里を、往時をしのび、都人になりきり散策するのもいい。里の人は健康のためにこのコースを散歩しているようだ。山吹の咲く頃また訪れたいものである。



2008_0406jizouzenin0088z.JPG



2008_0406jizouzenin0089z.JPG



2008_0406jizouzenin0086z.JPG



2008_0406jizouzenin0091z.JPG



2008_0406jizouzenin0093z.JPG
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 3

churaumi

ありがとうございます
86首もの和歌にも詠まれる井手の蛙
泣き声をきいてみたいものです
亀山法皇も愛した
井手の蛙
by churaumi (2008-04-09 07:42) 

churaumi

生きて今
たかが百年
蛙鳴く


by churaumi (2016-02-18 20:13) 

churaumi

繁縷花
想うこころに
井出のすむ       あおざかな

by churaumi (2018-03-05 09:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。