So-net無料ブログ作成

人出 [さんぽ]

005.JPG


おしよせる紅葉の嵐ひとのうず。これほどの人に愛される嵐山の紅葉。日本全国もみじの紅葉の素敵な場所はたくさんある。なぜここはこれほどに愛されるのだろうか。花鳥風月春夏秋冬にそう貴族文化にみんなが感動している。この文化に会えることに感謝している。ありがたいことである。RUNWAYのフレーズにこうある。我々の仕事は芸術よりすばらしそれは生活の一部になるからと。ここは文化の都なのである。生きていることは本物と出会うこと。帝の文化に感謝である。支える多くの都人に感謝である。


006.JPG


007.JPG


010.JPG


009.JPG


011.JPG


012.JPG


013.JPG


014.JPG


015.JPG


016.JPG


084.JPG


085.JPG


086.JPG


087.JPG


088.JPG


089.JPG


091.JPG


093.JPG


094.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すずめ [さんぽ]

1056a.JPG


こんなに人の近くまで寄ってくる。二メートル。ここには怖い人がいないのであろう。というより優しい人が多いのだろう。小動物の住みやすいところは、人にもいい環境なのだろう。そういえば沖縄の熱帯魚も大島の熱帯魚も人を怖がらない、魚も人も住みよい共生なのだろう。美しい日本。


1053a.JPG
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

深緑を渡る風 [さんぽ]

019.JPG


青葉がどんどん濃くなる。青楓も生の息吹を感じさせてくれる。野に山に植物も動物も生命がみなぎっている。この日本に生まれいま人は田んぼで水をはり田植えをはじめている。毎年繰り返される自然の営み、ひともまた自然の恵みを受け青葉のように力強く息ずく日々を送ることができる。ありがたいことだ。あたりまえのことがありまえのようにありたい。春山は笑い、秋装う。命の輝きがいまここにある。目に映る深緑、渡る風。いいよな。ただそれだけでいい。上る参道穴太積みによる壁がつづく。赤子の手のような青楓の並木はずいぶん深い。いい気分だ。穴太積みによる遺構と比叡の里山の名園をのぞく。回遊式庭園、小さな滝から清水がながれこむ。おちつく。


021.JPG


023.JPG


024.JPG


027.JPG


028.JPG


029.JPG


030.JPG


034.JPG


037.JPG


038.JPG


039.JPG


040.JPG


041.JPG


043.JPG


047.JPG


048.JPG


051.JPG


053.JPG


054.JPG


056.JPG


058.JPG


059.JPG


064.JPG


067.JPG


070.JPG
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー