So-net無料ブログ作成
食文化 ブログトップ
前の3件 | -

ベルギービール [食文化]

1985.JPG


このビールにこれか。このビールにはこれか。西も東もこうなくちゃ。


1986.JPG


1987.JPG


1988.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

九州はいいな [食文化]

1152.JPG


九州はいい。九州人は郷土愛が強いように思う。人を愛し文化を愛する。生活を大切にする。人を愛する義を重んじるそのような人々である。文化教育の指導的役割が望まれる。育ちというものは大切である。安心で来るものを作る。信頼されている人々である。食文化もそうである。信頼できる人々の地域生産物が人気である。嘘のない食品。皆がそう思っている。素晴らしい人々であった。良き国でありたい。


1154.JPG


1155.JPG



1161.JPG


1165.JPG


1166.JPG


1172.JPG


1174.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

パティスリー&ブーランジェリー HARU [食文化]

2839.JPG


東陽町にひとつ洋菓子店が開店した。モンサンクレール パティシエ辻口博啓師の愛弟子の出店である。師の作品に対する情熱、上質を追求する思を形にしている。開店して随分たっている。評判はいいようだ。東陽町という町柄、上質な洋菓子、朝食のパンなどより自然な質の高いものを提供することが下町っ子に愛されることであろう。シェフの求める自然な食材による上質な パティスリー&ブーランジェリー 。この町でたくさんのご贔屓さんができることだろう。江東区役所真向かいのちいさなお店である。わざわざ出かけていって食べることの出会いがあっていい。


29588.jpg


2882.JPG


2884.JPG


2872.JPG


2866.JPG


2867.JPG


2868.JPG


2891.JPG


2893.JPG


2873.JPG


2822.JPG


2817.JPG


2860.JPG


2590.JPG


少しまえ29/7/24に日本テレビnews every に同店が出ていた。シャインマスカットのレポートの中で同店店頭のお菓子が写されていた。上品な甘さのシャインマスカットがのっているプレミアムタルト。店頭でご婦人が注文している相手はシェフご夫妻である。シェフのチーズケーキは絶品である。男性諸氏是非出かけてみてはどうだろうか。男も唸らせる上質な洋菓子である。知っていてもいい。


3062.JPG
日テレ放送画像

3082.JPG
日テレ放送画像

3088.JPG
日テレ放送画像


食は人に限らず生まれてくるものにとって大切である。食べること。麦と米、ジャガイモなどが主食。永遠であろう。足りて生まれる文化。洋の東西を問わず人の誇りである。和菓子、洋菓子。この国にでは二十四節気にあわせた食べるものが出る。都では食べるものを考える必要がないと言われる。二十四節季の中に生きているからだろう。来る茶会の主菓子、お干菓子もまた季節の中にある。秋は都が美しく装う。松屋の主菓子小芋、お干菓子初雁、観世水とお抹茶が待たれる。席主と松屋の親父さんがもてなしの、一期一会の、この日のためにつくる。この季節その食籠に盛られて見事な落ち着きをみせることだろう。美しい社中さんのお運びが待たれる。この日の連客のためにだけにあるおもてなしである。一期一会。有り難いことである。


洋菓子もまた季節の豊穣を見せてくれる。テレビ局取材のサンシャインマスカットののるケーキもそうである。。シェフのお好みである上品な甘みがある。私はチーズケーキが好みです。シェフの作るレアチーズケーキが好きです。自分でもシェフの出版したリュバンチーズワールドの濃厚チーズケーキ本を片手にチーズケーキを作ります。わざわざ出かけていくときは、いろいろなチーズケーキを求めます。贔屓筋の男性諸氏も一緒であろうか。季節の果物の載るパティスリー。この店で二十四節気の風にふかれていたいものである。


〒135-0016
東京都江東区東陽5-31-22 大興ビル1F
03-6458-7223

東京メトロ東西線東陽町駅下車 北へ五分 深川高校まえを北へちょっと
スバル江東店北隣  江東区役所真向かい 


シェフの著書
リュバンチーズワールドの濃厚チーズケーキ
http://lifeworkfirm.blog.so-net.ne.jp/2015-12-27


nice!(0)  コメント(33) 
前の3件 | - 食文化 ブログトップ