So-net無料ブログ作成

山種美術館 [芸術]

0009s.JPG


今年初めての芸術鑑賞は日本画となった。山種美術館にて松岡映丘とその一門 山口蓬春 山本丘人 橋本明治 高山辰夫。映丘とその一門とあるが随分と画風が違うように見える。源氏物語に見る王朝絵巻を髣髴とさせる映丘。かたや丘人の荒々しい画風とでは共通点などさらさら無いとしか思えない。あるとすれば、画家の内に秘めたるもの捕らえかた、自分自身の捕らえかたなのであろうか。同じ日本画の中にあるものの、こうも表現、表情が違うものなのだろうか。丘人が好きだという。まだ初々しいといえる、この画家が、洋上の火山の前で動かない。確かに丘人の画風に似てはいる。裸婦も樹木も。アトリエに1週間も2週間もこもるという、絵が描きたくなるという。人はどのように見えているのだろう。画家とはこわい存在に思えてならない。いずれここに飾る日も来るのだろう。楽しみでもある。画は蓬春 芍薬。


0011s.JPG
nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

churaumi

君がおり
千鳥ヶ淵に
桜咲く



by churaumi (2016-03-14 20:13) 

churaumi

やまたねの
みごとなさくら
ありがたき

たねじのおもい
たえこのむねに


by churaumi (2016-03-14 20:33) 

churaumi

七年の
画家の暮らしが
カンバスに

それが映丘と
きっと見えまい



by churaumi (2016-03-14 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。